形鋼とは?

形鋼(かたこう)とは、断面がH形やI形など一定の形状につくられた鋼材のことです。
H形鋼やT形鋼など、断面の形状を表す言葉が、形鋼の前に入っています。

形鋼は主に土木や建築用の柱や梁(はり)、杭などに用いられます。

 

形鋼の種類

形鋼は、熱間(熱を加えながら行う加工のこと)での圧延により作成される重量形鋼と、薄い鋼板を冷間(常温で行う加工のこと)で折り曲げ加工して作成される軽量形鋼の2種類に大きく分けられます。

一般的に形鋼とは重量形鋼を指す場合が多く、重量形鋼にはH形鋼、I形鋼、山形鋼、溝形鋼の種類があります。

軽量形鋼には軽山形鋼、軽溝形鋼、リップ溝形鋼等の種類があります。軽量形鋼は、板厚が薄く、取り扱いやすく、比較的自由に成形できるのが特徴です。一方軽量形鋼は、板厚が薄い分だけ重量も軽いため、負荷に弱く、主要な構造部材には用いません。

 

代表的な形鋼をご紹介

つづいて、代表的な形鋼をご紹介します。なお、以下にてご紹介いたしますものは、ステンレス製についてのものだけでなく鉄製含め形鋼全般的に言える基礎知識となっております。

型名 特徴 用途
H形鋼 H形鋼(エッチがたこう)は、断面が「H」形の形鋼です。高張力、耐候性、耐食性、耐海水性などを有する材料を用いて作られます。他の形鋼に比べて、強度が高く、また価格が安いことから広く使われております。 梁や柱などの建築材や船舶や橋梁などの構造材、岸壁、建築物、高速道路などの基礎杭として用いられます。
I形鋼 I形鋼(アイがたこう)は、断面が「I」形の形鋼であり、形状的にはH形鋼に近いものの、フランジ内側の両端から中央へ向かってテーパー(勾配)をつけてH形鋼と区別しています。
I型ジョイスト、アイビームとも呼ばれています。
主にクレーンレールに用いられる。クレーンの車輪をI型鋼に取り付け、クレーンがレール上を自由に動けるようにします。
T形鋼 T形鋼(ティーがたこう)は、断面が「T」形の形鋼であり、比較的軽量で、曲げに対して抵抗力が強い傾向にあります。通常はH形鋼をウェブ(間に挟まれている板部分)中心で2つに切断して作られるため、CT形鋼あるいはカットティーとも呼ばれています。 仕上げの下地材などとして、簡易な骨組みを作る際に用いられます。
山形鋼 山形鋼(やまがたこう)は断面が山の形(L字型)の形鋼でL字鋼、アングル鋼・アングル材と言われることもあります。材質は普通鋼のほか、強度や剛性を必要とする構造材用には高張力鋼が使用されます。 門や柵の枠、鉄塔、建築、橋梁、船舶をはじめ、クレーンを支える梁、ブルドーザーやトラクターの台車の構造材などがあります。
溝形鋼 溝形鋼(みぞかたこう)は、断面が「コ」形に近い形鋼で、チャンネル鋼・チャンネル材とも呼ばれています。溝形鋼には、フランジにテーパー(勾配)がついており先端が丸いものと、テーパーのない直角のものがあります。 柱や梁として使われます。
また、小梁や間柱、耐震ブレース、仕上げの下地材、耐風梁など様々な用途で使われます。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

当記事では形鋼に関して、用語の解説と形鋼の種類、代表的な形鋼についてお伝えいたしました。形鋼に関してお悩みをお持ちの方は、ステンレス 製缶板金加工.COMまでお問い合わせください。